北海道地方測量部のトピックス

北海道地方測量部のトピックスをご紹介します

北海道地方測量部のトピックス

北海道地方測量部は増毛町立増毛中学校において、NPO法人増毛山道の会が主催した「増毛山道体験学習授業」に協力しました。
この体験学習授業は、同会が増毛山道の歴史・文化や自然、さらに地図と測量の意義への理解を深めることを目的として実施しているもので、令和3年度で9回目となります。昨年度は新型コロナウィルス感染症対策のため中止されましたが、今年度は十分な感染症対策を行った上で実施されました。今年度は、1年生26名が参加して9月10日に実施された増毛山道トレッキングを中心に、これに先立つ7月~8月に事前学習を行いました。その後10月の学校祭での山道紹介と影絵発表に向けて学習内容の取りまとめと発表練習を行います。
北海道地方測量部は事前学習の一つとして8月24日(火)に行われた学習会「甦った古道ー増毛山道ふれあい講座:地図と測量」に参加しました。午後の2時間のうち、前半はNPO法人増毛山道の会から増毛山道の歴史やその役割などについて、先人がどれほどの努力をして山道を開墾したのか、当時の記録で山道がどのように紹介されているか、現在の山道周辺がどのようになっているかなどを説明しました。後半は、北海道地方測量部から「地図と測量と増毛山道」と題して、明治時代に行われた山道への一等水準点の設置・観測の概要、地理院地図やUAV(ドローン)の活用といった現代の新たな地図・測量技術などについて説明しました。
生徒たちは熱心にメモを取りながら説明に聞き入りながら、増毛山道トレッキングに思いを馳せているようでした。 今回の体験学習授業により、生徒たちが地域の地理と歴史に関心と理解を深めるとともに、地図や測量への興味を持っていただければ幸いです。

学習会の様子
学習会の様子

北海道地方測量部と札樽地区測量設計協会札樽若力会(さっそんわかりきかい)は、令和3年7月8日(木)に札幌市豊平区の市立みどり小学校において、「測量体験学習会」を開催しました。
この学習会は、「測量の日」記念行事の一環として、地図と測量に関する知識と理解の向上を図ることを目的に平成8年から札幌市内の小学校で実施しているもので、今年で26年目となります。今年は6年生の児童57名が参加して行われました。

最初に教室で、北海道地方測量部からなぜ測量が大切なのかや測量や地図作成の手順、地理院地図による学校周辺の今と昔の状況、UAV(ドローン)の活用をはじめとする新しい測量技術などの説明を行いました。
その後グラウンドに移動して、8班に分かれて歩測とトータルステーションによりで20mの距離を測定する体験をしました。休憩の後、実習の後半ではトータルステーションを用いて距離と角度から位置を求めるトラバース測量の体験を行いました。
トータルステーションなどの機材のこまめな消毒や児童間の距離の確保など、新型コロナウィルス感染症対策を徹底しての体験実習でしたが、当日は爽やかな好天に恵まれ、児童たちは初めての本格的な測量体験に興味津々で、交代しながら積極的に測量作業に参加していました。歩測体験では誤差わずか1cm以下を記録した児童が複数でるなど、測量のプロである札樽若力会も感心する結果となりました。
体験学習の最後に、トラバース測量で全部の班が計測した点をつなぐと、グラウンドには大きな北海道の形が浮かび上がり、その北海道と一緒に上空からドローンで全員の記念撮影を行いました。

国土地理院では、今後も測量業界などの関係者と連携して、学校において測量・地図の重要性を「伝える」取組を発展させていきたいと考えています。

講義の様子
北海道地方測量部による地図と測量の説明

歩測の様子
歩測による距離の測定

トータルステーション測量の様子
トータルステーションを用いた測量に挑戦

観測目標の様子
角度と距離で位置を特定

ドローン撮影の様子
描かれた北海道の形の中でドローン撮影

北海道地方測量部は公共測量の円滑な実施及び地理空間情報の利活用の推進などを目的とした標記会議を開催しました。
令和3年度は新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から開催方法をオンライン会議に変更して実施しました。
会議は3日間の合計で北海道開発局、北海道庁及び道内50以上の市町村から出席をいただき、「公共測量と測量法の手続き」、「公共測量の計画における要点と事例」、「国土地理院の地図等における利用手続」、並びに、「地理空間情報の利活用 防災・災害対応に役立つ地理空間情報」について説明しました。

1.開催日

 令和3年7月5日(月)~7日(水) (3日間とも同じ内容です)

2.議事内容

(1)公共測量関連
  • 公共測量と測量法の手続き
  • 公共測量の計画における要点と事例
(2)地理空間情報関連
  • 国土地理院の地図等における利用手続
  • 地理空間情報の利活用 防災・災害対応に役立つ地理空間情報

※会議資料をご希望の公共機関担当者の方は、国土地理院北海道地方測量部にお問い合わせください。

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。