富山大学人間発達科学部学生、北陸地方測量部職場見学


富山大学人間発達科学部から「地理情報学」の講義の一環として、学生に測量・地図作成業務見学と測量成果(旧版地図)の閲覧体験の申し込みがあり、令和4年6月30日(木)に12名(2・3年生)、7月7日(木)に13名(2・3年生)の学生が当部を来訪されました。富山大学人間発達科学部の来訪は令和元年に続き2回目となります。
 新型コロナウイルス感染拡大防止のため密にならないよう学生のみなさんには、4人から5人で1グループを作っていただきました。そしてグループごとに国土地理院の業務概要説明コーナー、地図修正コーナー、空中写真や旧版地図などの閲覧コーナーを順に回り、職員から説明を受けたり地図修正業務の体験をしたりしていただきました。
 職員の説明に真剣に聞き入ったり、メモを取ったりする学生の姿がとても印象的でした。今回引率された富山大学山根教授からは、学生たちにとって学びの多い内容であったと評価をいただきました。
 今回の体験が履修の一助になるとともに、地図・測量への関心を深めていただければ幸いです。

   
 国土地理院業務概要説明の様子