文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 地図と測量の科学館  > 「地図と測量の科学館」イベントのご案内 最終更新日:2018年11月9日

「地図と測量の科学館」イベントのご案内

「地図と測量の科学館」におけるイベント開催等のご案内

開催イベントのご案内

企画展「近代測量の幕開け」ポスター

概要

平成30年(2018)は、明治元年(1868)から満150年に当たります。
明治以降、近代国家への第一歩を踏み出した日本は、明治期において多岐にわたる近代化への取り組みを行い、国の基本的な形を築き上げていきました。
今回、国土地理院「地図と測量の科学館」においても、江戸から明治になり近代国家の礎となる測量や地図の世界を伊能忠敬の時代から明治期の測量機器や地図を中心に展示し、近代測量の幕開けとして紹介します。

近代測量は、明治12年(1879)に全国測量・全国地図作成の基礎計画が打ち出され測量の基準となる一等三角点、一等水準点を設置する基準点測量が実施されることから始まりました。
また、地図については、近代化に向けて国土の現状を迅速に把握する必要から、都市域を平板測量により測量した迅速測図原図(関東平野)の作製が始まりました。
その成果物である「迅速測図原図(関東平野)」を、今回の企画展では原本の一部を展示します。

日頃何気なく使用している測量技術や地図について、近代測量の幕開けであった明治期の測量機器や作製された美しい地図をご覧いただき、先人達の技術を感じるとともに、日本の国土及び国民の生命と財産を守るために必要不可欠である測量や地図の重要さを感じていただければ幸いです。

開催期間等

11月13日(火)から12月24日(月) 9時30分から16時30分
  ・休館日(毎週月曜日、ただし、12月24日は開館し、翌日火曜日が休館日となります)

会場

国土地理院「地図と測量の科学館」2階 「特別展示室」

     *交通案内はこちら 

主な展示の内容

(1)伊能忠敬の測量と地図

(2)明治期の測量と地図
  ・基準点と三角測量
  ・迅速測図原図(原本)を公開

(3)測量と地図の役割

その他

入場無料、無料駐車場あり(大型バス4台可)

 
国土地理院「地図と測量の科学館」では、地図と測量をより身近に、より親しみをもっていただくため、小学3年生~6年生を対象にした参加型の体験イベント「2018 地図と測量のおもしろ塾 第3回」を開催いたします。

◆第3回 平成30年11月23日(祝)・24日(土) 「伊能忠敬になって日本を測ろう」 

第3回おもしろ塾の11月23日(祝)【午前の部】【午後の部】につきましては、定員に達しましたので受付を締め切ります。
申し込みありがとうございました。(11月9日現在)


※申し込み受付(申し込み順)は、11月7日(水)より開始します。
・会場:国土地理院「地図と測量の科学館」(茨城県つくば市北郷1番)
・開催日時:平成30年11月23日(祝)・24日(土)
                    両日とも、【午前の部】10時00分から11時30分、【午後の部】13時30分から15時00分
                    ※午前の部、午後の部とも同じ講座内容です。
・定員:申し込み順に50名(各回とも)
・申込方法:「参加者氏名・(フリガナ)」、「学年または保護者の別」「住所(市町村まで)」、「電話番号」、「希望日・希望時間(第2~4希望まで記載いただけますとスムーズです。)」を明記のうえ、以下の方法によりお申し込みください。
    1.メールによるお申し込み omoshirojuku=tcg.co.jp(=を@に直してご送信ください。)
    2.FAXによるお申し込み 03-3392-6720 ※チラシの裏面をご利用ください。
                  <<宛先>> 東京カートグラフィック(株) おもしろ塾事務局 村松・伊奈まで
                 (お願い)保護者の方で講座に参加される場合は、必ずお申し込みください。
・参加費:無料
・持ち物:筆記用具、電卓

地図と測量のおもしろ塾(第1回)チラシ画像

 【チラシ】は、こちらからご覧ください。 (PDF形式:750KB)

皆さまのご参加お待ちしております。
 

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

ページトップへ